身長が伸びる時期

男の成長期間

全国平均身長調査

男子の成長のピークは成長ホルモンの分泌が活発になる12~15歳の間で、急に身長が伸びるようになります。
中学生男子の場合、特に成長ホルモンが出やすくなる期間が12~15歳では、平均7㎝/年も身長が伸びます。その中でも特に成長ホルモンが多く出る子の場合、10㎝以上/年も背が伸びることもあります。
つまり、男子の場合、大きく成長するのは中学生の時という事が多く、この時期に成長を妨げるようなことをしていると、身長が伸びないことになってしまいます。この時期の身長がほぼ大人になった時の身長を決定しますので、生活習慣や食生活などに注意する必要があります。
ですが、成長ホルモンが出る時期には、個人差がありますので、中学生になったらすぐに成長期に入るとは限りません。
成長ホルモンが出るのが早くて小学生の中・高学年で急に背が伸びる場合もありますし、逆に成長ホルモンが出るのが遅くて中学生後半に急に背が伸びだす子供もいます。
成長期に個人差があるとはいえ、あまりにも早すぎたり遅すぎる場合には、低い身長のまま大人になることがあります。

女の成長期間

女子の場合、10~12歳の間に成長ホルモンの分泌が活発になり、身長も伸びて成長のピークを迎えます。
小学校の高学年(9~11歳)の頃が、成長ホルモンが活発に分泌されるために、6㎝~7㎝/年と身長が伸びやすい時期です。
中学生では、成長ホルモンの分泌が終わりつつありますが、まだ2㎝~3㎝/年の身長の伸びが期待できます。
ですので、中学生で成長期のピークを迎える男子とは違い、小学生の時点で十分な身長を得るためには早めに準備をしておく必要があります。
成長ホルモンの分泌には個人差がありますので、他の子供と比べてあまりナーバスになる必要はありませんが、高身長を目指すのでしたら、成長期前から成長をサポートしてくれるサプリなどで、不足しがちな栄養素を充分に摂れるようにしておくことも大切になります。
また、成長期が極端に早かったり、遅かったりすると低い身長のまま大人になるということがあります。
低身長の約40%が思春期が遅かったといわれていますので、毎年の身長の伸びが遅い、思春期が明らかに遅れていると感じたら、専門医に診てもらうと良いでしょう。

成長が終わる時期

女子の場合は多くは9~11歳(小学校高学年)に成長ホルモンの分泌が活発になる成長期を迎えて、背が目に見えて伸びます。その後、中学生になる頃に成長期が終わり始めるために、年に1~2㎝の伸び率にとどまり、高校生くらいでほぼ身長の伸びは止まります。
男子は、女子よりも成長期が始まるのが遅く、12~14歳(中学生)の時に多くが成長期を迎えます。その後、15~17歳(高校生)では成長期も終わりに向かうために、年に1~2㎝ほどの身長の伸びにとどまります。
多くの場合、成長期が終わる高校生の間に、身長の伸びも止まり、大人の身長となります。
ただし、成長ホルモンの分泌には個人差があるために、成長期の始まりだけでなく終わりにも個々人によって違います。
特に男子の場合は、高校生になっても成長が止まらずにグングンと身長が伸びて20歳過ぎまで伸びる人もいます。
毎年身長を測って、身長の伸びが見られなくなったら、成長の終わりと捉えたほうが良いでしょう。