身長が伸びる仕組み「骨端線と成長ホルモン」

身長は骨が成長することで伸びていきます。では、骨が成長する仕組みとはどのような物なのでしょうか?
成長期が終わる前の子供には、「骨端線」と呼ばれる軟骨が骨のほとんどの端に存在しています。この骨端線は、別名「成長線」と呼ばれるもので、名前の通り子供の成長に関係する軟骨です。

この骨端線には「骨の素」となる細胞が沢山あるのですが、この細胞が骨になるためには「成長ホルモン」と呼ばれるホルモンが必要になります。

脳下垂体から分泌された成長ホルモンの働きにより、古い骨は排除されて新しい骨が作られます。実は、これは子供だけでなく大人の身体でも起こっているのですが、骨端線がある子供の場合、古い骨が排除されるよりも新しい骨が作られるスピードの方が早いために、骨が大きくなり伸びていきます。

残念ながら、成長期の終わりとともに骨端線は段々消えていくために、成長期を過ぎると、目を見張るほどの身長の伸びは中々期待できなくなります。