適した運動で骨を刺激!運動で身長を伸ばすメカニズム

「縦の運動」がカギ?

「運動をすると背が伸びない」という話をよく聞きますが、運動をしたからと言って背が伸びなくなることは基本ありません。
ただし、一部の筋肉のみを過度に鍛えようと負担を掛け過ぎると、体全体の筋肉のバランスが崩れて身長が伸びるのを妨害してしまいます。また、極度に筋肉に負担を掛ける筋トレを続けると、硬い筋肉が出来上がります。筋肉が硬いと成長しようとしている骨や骨の周りに余裕が出来ずに、骨が伸びることが出来ないという事態が起こることがあります。
ですので、身体の一部のみや過度の負担を掛けたトレーニングは行わずに、全身を使う運動をお勧めします。
特に、身長を伸ばしたいならば、骨に縦方向に適度の刺激を与えられるものが良いので、ジャンプを沢山するスポーツがお勧めです。例えば、バスケやバレーボール、縄跳びなどがお勧めです。
ただし、背が高くなるからとバスケなどを無理にさせる。というのは良くありません。大切なことは子供が楽しく運動することですので、子供が興味を示さないスポーツを無理に勧めないようにしましょう。
全身を使ったものなら、スポーツでなく遊びでも十分効果は期待できます。

軟骨へ刺激を与えよう

身長を伸ばすためには、骨に対して縦方向に刺激が加わる運動が最適です。つまり上下に揺れる運動で、例えばジョギングなどは常に上下に揺れますので、お勧めの運動の一つとなります。
なぜ、骨に対して縦方向の刺激を与えると、身長が伸びやすくなるのでしょうか?
実は、骨が伸びるためには骨端線(成長線)と呼ばれる軟骨を刺激することがポイントだからです。
骨端線(成長戦)は子供の頃にだけ存在する軟骨で、骨が伸びるために存在しています。この骨端線は刺激することでより活発に骨を作ってくれますので、出来るだけ刺激を与えることで身長を伸ばす効果が出ます。
ですので、ジャンプも軟骨に適度な刺激を与える動きですから、ジャンプをすることが多いバスケやバレーボールもお勧めのスポーツとなります。
ただし、背を伸ばすためにと無理やり子供にさせる必要はありません。実際には、全身を使った運動が背を伸ばすために良いのですから種目はあまり問いません。
要は「体を思いっきり動かして遊ぶ」で十分効果は期待できますので、子どもの喜ぶ運動をさせましょう。

【保存版】身長が伸びるスポーツ3選

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは睡眠時と運動時に特に分泌されます。ですので、「良い睡眠」と「適度な運動」は成長ホルモンの分泌を促すために、とても大切です。
特に運動は、良い睡眠を得るためにも、大切なファクターですので、しっかりと運動を行って欲しいものです。
ですが、どうせ運動をするならば、身長が伸びる効果が高い運動の方が良いと思われますので、身長を伸ばすのにお勧めな運動を3つ紹介します。
1つ目は、骨に縦方向の圧力を加えると、骨が刺激されて伸びやすくなりますので『ジャンプを沢山するスポーツ』をお勧めします。
例えば、バスケやバレーボール、ジョギングに縄跳びなどもお勧めです。
2つ目は全身の筋トレです。身体全体の筋肉を満遍なくトレーニング事で、成長ホルモンが活発に分泌されますので、『全身をバランスよく筋トレ』することをお勧めします。ただし、やりすぎないようにすることと、ダンベルなどの重りを使った筋トレは負担が大きすぎて逆効果ですので止めておきましょう。
最後は、『ヨガや体操』です。ヨガも体操も体の筋肉を柔らかくして、姿勢を良くしてくれます。姿勢が良くなるだけで「隠れ身長」分は背が伸びます。
というわけで、お勧めのスポーツ3選は

  • ジャンプを沢山するスポーツ
  • 全身をバランスよく行う筋トレ
  • ヨガや体操

です。