カルシウムのパワー

カルシウムの効果効能

カルシウムのパワー

カルシウムと聞くと、骨や歯の素になるものと思われる方が殆どだと思います。確かにカルシウムの内。約99%は骨や歯の成分として人体に存在しています。
では、残りの1%は、何処で何をしているのでしょうか?実は、残りの1%は神経や筋肉、血液などに存在しています。
骨や歯の成分であるカルシウムは「貯蔵カルシウム」と呼ばれています。そして神経や筋肉、血液などに在るカルシウムは「機能カルシウム」と呼ばれています。
カルシウムは、人体に存在している、たくさんのミネラルの中で一番多く体に存在していますので、代表的なミネラルと言えます。
ところで、骨や歯ではなく、神経や血液などに存在している”残り1%の”カルシウム「機能カルシウム」はどんな働きをするのでしょうか?
機能カルシウムは、緊張や興奮時に精神を落ち着かせる神経伝達物質を放出させて、緊張や興奮を緩和したり、高血圧や動脈硬化の予防を行うなど、色々な生理作用に関与しています。

身長への作用

牛乳を飲むと身長が伸びるという話は、誰もが知っている有名な話です。これは、牛乳に「カルシウム」が豊富に含まれているからです。
では、何故カルシウムを摂ることで身長は伸びやすくなるのでしょうか?カルシウムが身長を伸ばす仕組みについて簡単に説明します。
脳下垂体から身長を伸ばすホルモン「成長ホルモン」が分泌されると、骨の端にある「骨端軟骨(骨端線又は成長線)」という部分に作用します。そうすると、骨端軟骨の中にある「骨芽細胞」が増殖して成長し、コラーゲンの繊維が沢山作られます。
このコラーゲンの繊維にカルシウムが吸着することで、骨が成長していき身長が伸びていきます。
カルシウムは骨の主成分ですので、カルシウムが不足していては、いくら睡眠をしっかりとって成長ホルモンの分泌を良くしても、身長は伸びません。
身長が伸びるとは骨が伸びることですので、骨の主成分であるカルシウムをしっかりとることは、身長を伸ばすことにつながります。

カルシウムが効率よく獲れる食事

骨の主材料であるカルシウムを毎日しっかり摂ることは、身長を伸ばすうえでとても大切になります。ですので、カルシウムがしっかりと摂れるように毎日の食事にも気を配りたいものです。
カルシウムは乳製品や骨ごと食べる魚、殻ごと食べるエビや葉物などに多く含まれています。
カルシウムが多く含まれる食材として、桜エビ、プロセスチーズ、しらす干し(半乾燥)、いかなご、あゆ(天然/焼)カマンベールチーズ、パセリ、モロヘイヤ、大根の葉、しそ、小松菜などがあります。
1食で1日に必要なカルシウムを摂ろうとすると大変ですので、1日3食に分けて摂るようにされると良いでしょう。
例えば、朝食がパン食ならばチーズを加えます(チーズトーストやサラダにトッピング)。飲み物には牛乳、サラダに小松菜やバジルを入れて、できればカルシウムの多いエンドウ豆や豆腐をトッピング。果物にはヨーグルトを掛けて食べるという感じで、今の食事に少しづつプラスされるだけで、カルシウムだけでなく他の栄養素もバランス良く摂ることが出来ます。