たんぱく質のパワー

たんぱく質の効果効能

たんぱく質のパワー

多数のアミノ酸が結合してできる高分子化合物の事をたんぱく質と言います。主成分のアミノ酸以外に、酸素・水素・炭素・窒素イオウも構成成分です。たんぱく質は約10万種類もの膨大な種類で人体を作っています。
約10万種類にも上る膨大な種類のたんぱく質は、たんぱく質を構成しているアミノ酸の量や種類、配列の順番、またアミノ酸以外の構成成分である酸素・炭素・水素・窒素イオウの配合で作り出されています。
たんぱく質を作り出すアミノ酸の種類はわずかに20種類だけです。このわずか20種類のアミノ酸だけで作られているたんぱく質を「単純たんぱく質」と呼び、アミノ酸以外の酸素や炭素といった成分も含まれて作られているたんぱく質を「複合たんぱく質」と呼びます。
臓器や筋肉、髪、爪など身体を構成しているほとんどは、たんぱく質から作られています。たんぱく質は身体を構成しているだけでなく、身体を維持するために必要な酵素やホルモン、病気から身体を守るために免疫抗体の原料でもあります。また、栄養素を運ぶことにもかかわっています。

身長への作用

私たち人間の身体は、約30億個からなる細胞で構成されています。この約60億個の細胞を作っているのがたんぱく質です。つまり、筋肉や内臓、皮膚に髪の毛など全てたんぱく質で出来ているということで、身長の高さを決める骨も例外ではなく、たんぱく質からできています。
骨はカルシウムで出来ているのではないのかと疑問に思われるでしょうが、骨はたんぱく質の1種であるコラーゲンが基礎となって、そのコラーゲンにカルシウムが吸着することで硬く丈夫な骨となります。
ですので、身長を伸ばしたい、骨を伸ばしたいと思われてカルシウムだけを一生懸命にたくさん飲まれても、骨の土台となるコラーゲン(たんぱく質)が不足していては、骨は大きくなれず身長も伸びません。
身体を構成しているたんぱく質は、毎日古くなると分解されて体外に排出されて、新しく作り出されるのですが、体内に貯蓄しておくシステムがないために、食事などで絶えず体内に取り入れる必要があります。
身長を伸ばすためには、骨を丈夫にしてくれるカルシウムと一緒に、骨の土台となってくれるたんぱく質も一緒に摂るようにすると良いでしょう。

たんぱく質が効率よく獲れる食事

私たちの身体は約60億個からなる細胞で作られており、その細胞はたんぱく質から作られています。つまり、たんぱく質で私たちの身体は出来ているということです。
子供の小さな体から大人の大きな身体へと成長中の子供には、たくさんのたんぱく質が必要になります。
たんぱく質は、肉類や魚介類、豆類などに豊富に含まれていますが、脂質を摂りすぎてしまうと肥満の原因になってしまいますので、高たんぱくで低脂質の食材をできるだけ選んで、食べさせたいものです。
牛のヒレ肉は高たんぱく低脂質でお勧めなのですが、いかんせん少々高価なのがネックになります。代わりにお手頃な値段の豚のヒレ肉も高たんぱく低脂質ですので、こちらのほうがお勧めでしょうか。
鶏肉でしたら、胸肉が良いのですが、皮の部分に脂質がたっぷりなので、皮は取り除くようにされると良いでしょう。ささ身も高たんぱく低脂質で、下ごしらえが要りませんので、手軽に調理ができます。
魚介類では、サケやマグロなど沢山ありますが、サバが一番のお勧めです。サバの水煮の缶詰を上手に利用すれば、年中手ごろな価格で買えますし、下ごしらえも必要ありませんので調理も簡単にできます。
出来れば毎日食べさせて欲しいと思うものに、完全栄養食とも言われる卵があります。たんぱく質だけでなく8種類のアミノ酸がバランスよく入っていますので、ぜひ活用されてください。