ビタミンのパワー

ビタミンの効果効能

ビタミンのパワー

ビタミンは生命維持活動に必要な有機物で、殆どのビタミンは残念ながら体内で生成することが出来ないために、飲食物などから摂取する必要があります。
ビタミンには、エネルギーの源である「たんぱく質」「脂質」「糖質」の代謝をサポートするという重要な役割があります。ですので、身体を動かしたり、体内の臓器や器官を正常に動かすのに必要不可欠な栄養素なのです。
ただし、ビタミン自体にはカロリーはありませんので、ビタミンだけを摂取していても健康維持は出来ません。
ビタミンには様々な種類があります。一番有名なビタミンと言えばビタミンAやビタミンCだと思いますが、それ以外にもビタミンとつく種類は沢山ありますし、イノシトールや葉酸、PABAなどもビタミンと名前には付きませんが、れっきとしたビタミンです。
ビタミンは1種類だけでなく複数のビタミンを同時に摂ることで相互作用によって最大限の効果を発揮することが出来ます。つまり、ビタミンを摂るときには、目的に合わせて複数のビタミンを摂ることが重要だということです。

身長への作用

ビタミンにはA、B群、C、Dなどを始め、葉酸やイシノトールなど様々な種類のビタミンがあります。特に身長を伸ばすためには「ビタミンC」「ビタミンD」の2種類のビタミンが重要です。
「ビタミンC」には、骨の土台となるコラーゲンの生成や骨を強化して固く丈夫にする、カルシウムの吸収力を高める働きがあります。ビタミンCは、ピーマンやパセリ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜やキウイフルーツやレモン、いちごなどの果物に豊富に含まれています。
ビタミンの中でも、特に身長の伸びに大きく関係するのが「ビタミンD」です。何故なら、ビタミンDは、体内に吸収されにくい骨の主成分であるカルシウムが、体内に吸収されるのを促進する働きがあるために、骨の成長に大きくかかわってきます。ビタミンDは魚やキノコに多く含まれています。特に魚なら、アンコウの肝、サケ、にしん、さんま。キノコなら、きくらげや干しシイタケに特に豊富に含まれています。

ビタミンが効率よく獲れる食事

子供が健康で健やかに成長するために必要なビタミンですが、残念ながら体内で作り出すことが出来ませんので、毎日食事などで摂取することが必要になります。
ビタミンが豊富に含まれているものというと、一番に果物全般が思い浮かぶと思います。では、果物以外ではどのような食材が、ビタミンを豊富に含んでいるのでしょうか?
普通の食生活を送っていれば不足しないのですが、極端な偏食やダイエットをすると不足するものにビタミンAがあります。ビタミンAが豊富に含まれている食材としては、レバーやウナギ、緑黄色野菜などがあります。
アーモンドやナッツ類には、ビタミンEが豊富に含まれていますので、サラダにスライスアーモンドをトッピングするなどしてコンスタントに摂取するように心がけてください。他にもイクラやイワシ、ウナギといった魚介類やアボガドにも豊富に含まれています。
ビタミンと言えば果物と言われます、果物にはビタミンCが豊富に含まれていものが沢山あります。例えば、いちごやミカンなど。
最近は、果物をあまり食べない子供が増えてきていますが、成長期の子供にとっては大切な栄養素の一つですので、いちごにヨーグルトを掛けて朝食に出す、おやつに果物を食べさせるなどすると、よりバランスの取れた食生活になります。