子供の身長の全国平均と身長が伸びる時期

子供の成長速度は個々人で違いますので、一概に今の身長で大人になる時の身長を予測することはできませんが、やはり親としては平均よりも高いのか低いのかは気になるところです。そこで、学年別の平均身長を男女それぞれでお教えします。

小学生

  • 1年男子116.6㎝女子115.6㎝
  • 2年男子122.4㎝女子121.6㎝
  • 3年男子128.2㎝女子127.31㎝
  • 4年男子133.6㎝女子133.6㎝
  • 5年男子139.0㎝女子140.1㎝
  • 6年男子145.0㎝女子146.8㎝

中学生

  • 1年男子152.3㎝女子151.8㎝
  • 2年男子159.5㎝女子154.8㎝
  • 3年男子165.0㎝女子156.5㎝

高校生

  • 1年男子168.4㎝女子157.3㎝
  • 2年男子170.0㎝女子157.8㎝
  • 3年男子170.8㎝女子158.0㎝

こうやって見ると分かるように、男女では身長がグングンと伸びる時期が違います。女子の場合は、小学校高学年(5~6年生)の時期に一番伸び、男子の場合は中学3年間が一番伸びています。
思春期は、子供の身体から大人の身体へと成長する最後のラストスパートです。この時期を過ぎてしいますと、急激な身長の伸びはあまり期待できなくなります。子供の身長を伸ばしたいと思われるのならば、成長期前から不足しがちな栄養素をサプリなどで補わせ始めるなどといった準備が大切になります。

日本の子供の平均身長データ

小学生の平均身長

日本の子供平均身長データ

小学校の6年間で、子供は大きく成長します。また、成長速度も子供によって大きく違うために、自分の子供の成長は順調なのか心配になり、必要以上にナーバスになってしまう親もいます。
子供の成長が遅れていると悩む前に、まずは同学年の平均身長を確認されてみては如何でしょうか?
各学年、性別に分けて今から、小学生の平均身長を挙げていきます。

  •  男子女子
  • 6歳:小学校1年生116.6㎝115.6㎝
  • 7歳:小学校2年生122.4㎝121.6㎝
  • 8歳:小学校3年生128.2㎝127.31㎝
  • 9歳:小学校4年生133.6㎝133.6㎝
  • 10歳:小学校5年生139.0㎝140.1㎝
  • 11歳:小学校6年生145.0㎝146.8㎝

小学校5年生で女子の方が身長が男子よりも高くなるのは、女子の方が男子よりも早く成長期が来るからです。
勿論、成長期の始まりには個人差がありますので、もっと早くに来たり、遅かったりしますが、性差として女子の成長期は基本小学生で始まりすので、女子は早めにサプリなどで栄養を補強してあげたいものです。

中学生の平均身長

子供の成長の差が特に顕著に表れるのが中学生時代です。子供の友人などが軒並み背が高いと自分の子供だけ極端に背が低いのではないかと悩まれる方もいますが、実際はどうでしょうか?
今から、中学生の子供の平均身長を各学年別、性別で記載しますので、自分の子供の身長と比べて見られてください。

  •  男子女子
  • 12歳:中学1年生152.3㎝151.8㎝
  • 13歳:中学2年生159.5㎝154.8㎝
  • 14歳:中学3年生165.5㎝156.5㎝

如何ですか?ご自分のお子さんは平均よりも極端に背が低かったですか?
男子は中学3年間で13.2㎝身長が伸びているのに対して、女子は4.7㎝しか伸びていません。これは、男女の性差もありますが、男子が中学校から成長期に入るのに対して、小学校で成長期が始まった女子は、成長期が終わる時期に来ているからでもあります。
身長を伸ばすには、身長が一番伸びる成長期に、しっかりと必要な栄養素をバランスよく摂取することが重要になりますので、中学時代はとても大切な時期となります。

高校生の平均身長

小・中学校でぐんぐんと背が伸びていた子供も、高校生になると多くはあまり身長が伸びなくなります。
これは、女子は小学校高学年、男子は中学生で成長期を迎える子供が多いからで、高校生になる頃には成長期も終わりを迎え、身体の成長も止まります。
では、自分の子供の身長は平均以上あるのかと心配される方も多いでしょうから、各学年別、性別で高校生の平均身長を挙げていきます。

  •  男子女子
  • 15歳:高校1年生168.4㎝157.3㎝
  • 16歳:高校3年生170.0㎝157.8㎝
  • 17歳:高校3年生170.8㎝158.0㎝

小・中学校の頃に比べて、あまり身長は伸びなくなります。子供の身長を伸ばしたいと考えているのならば、やはり成長期前からしっかりと成長に必要な栄養素がバランス良く摂れるようにする必要があります。
とは言え、高校生だからもう遅いということはありません。高校生では、まだ完全に体が出来ていませんので、成長ホルモンの分泌を促す効果のあるサプリなどで、成長期を伸ばして背を伸ばすこともできますので、諦めてしまわないことが大切です。

身長が伸びる時期

男子の成長期間

全国平均身長調査

男子の成長のピークは成長ホルモンの分泌が活発になる12~15歳の間で、急に身長が伸びるようになります。
中学生男子の場合、特に成長ホルモンが出やすくなる期間が12~15歳では、平均7㎝/年も身長が伸びます。その中でも特に成長ホルモンが多く出る子の場合、10㎝以上/年も背が伸びることもあります。
つまり、男子の場合、大きく成長するのは中学生の時という事が多く、この時期に成長を妨げるようなことをしていると、身長が伸びないことになってしまいます。この時期の身長がほぼ大人になった時の身長を決定しますので、生活習慣や食生活などに注意する必要があります。
ですが、成長ホルモンが出る時期には、個人差がありますので、中学生になったらすぐに成長期に入るとは限りません。
成長ホルモンが出るのが早くて小学生の中・高学年で急に背が伸びる場合もありますし、逆に成長ホルモンが出るのが遅くて中学生後半に急に背が伸びだす子供もいます。
成長期に個人差があるとはいえ、あまりにも早すぎたり遅すぎる場合には、低い身長のまま大人になることがあります。

女子の成長期間

女子の場合、10~12歳の間に成長ホルモンの分泌が活発になり、身長も伸びて成長のピークを迎えます。
小学校の高学年(9~11歳)の頃が、成長ホルモンが活発に分泌されるために、6㎝~7㎝/年と身長が伸びやすい時期です。
中学生では、成長ホルモンの分泌が終わりつつありますが、まだ2㎝~3㎝/年の身長の伸びが期待できます。
ですので、中学生で成長期のピークを迎える男子とは違い、小学生の時点で十分な身長を得るためには早めに準備をしておく必要があります。
成長ホルモンの分泌には個人差がありますので、他の子供と比べてあまりナーバスになる必要はありませんが、高身長を目指すのでしたら、成長期前から成長をサポートしてくれるサプリなどで、不足しがちな栄養素を充分に摂れるようにしておくことも大切になります。
また、成長期が極端に早かったり、遅かったりすると低い身長のまま大人になるということがあります。
低身長の約40%が思春期が遅かったといわれていますので、毎年の身長の伸びが遅い、思春期が明らかに遅れていると感じたら、専門医に診てもらうと良いでしょう。

成長が終わる時期

女子の場合は多くは9~11歳(小学校高学年)に成長ホルモンの分泌が活発になる成長期を迎えて、背が目に見えて伸びます。その後、中学生になる頃に成長期が終わり始めるために、年に1~2㎝の伸び率にとどまり、高校生くらいでほぼ身長の伸びは止まります。
男子は、女子よりも成長期が始まるのが遅く、12~14歳(中学生)の時に多くが成長期を迎えます。その後、15~17歳(高校生)では成長期も終わりに向かうために、年に1~2㎝ほどの身長の伸びにとどまります。
多くの場合、成長期が終わる高校生の間に、身長の伸びも止まり、大人の身長となります。
ただし、成長ホルモンの分泌には個人差があるために、成長期の始まりだけでなく終わりにも個々人によって違います。
特に男子の場合は、高校生になっても成長が止まらずにグングンと身長が伸びて20歳過ぎまで伸びる人もいます。
毎年身長を測って、身長の伸びが見られなくなったら、成長の終わりと捉えたほうが良いでしょう。