身長サプリメントは何歳から必要?人気サプリの成分と目的の違いを知って、子供にぴったりなサプリを選ぼう!

ここ数年、子供にとって良いと思えることはすぐにでも取り入れて、子供の将来をサポートしたいという親御さんが増えています。そのなかのひとつがやはり「身長」のこと――子供の成長速度が気になるご家庭では、子育て世代で注目度が高まっている身長サプリメントを取り入れることに積極的なご様子が伺えます。

家族

しかし一括りに「子供」とは言っても、年齢も環境も様々。そのため「身長サプリメント」にまだまだなじみの薄い方たちには、ご自分のお子さんにはどの成分の身長サプリが合っているのか、迷われることも多いのではないでしょうか。

そこで主成分と形状の異なる人気の身長サプリメントをピックアップし、それぞれがどのようなタイプの子供さんにオススメできるのか、まとめました。

Dr.Senobiru(ドクターセノビル)

数ある身長サプリメントのなかでも、口コミ・人気度が最も高いといえるのが、この「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」。

drsenobiru

セノビルの特徴は、やはり「アルギニン」という成分の配合量の高さにあります。アルギニンとは、アミノ酸の一種であり、大人の場合は体内で作り出すことができる「非必須アミノ酸」です。しかし子供の身体ではほとんど自力で合成できないため、「必須アミノ酸」もしくは「準必須アミノ酸」に分類されています。

ではアミノ酸のアルギニンがなぜ身長に関係するのか――それは「成長ホルモン」の分泌の促進作用に関わるからです。脳の下垂体から分泌される成長ホルモンは、骨にある軟骨部分に働きかけて、その増殖を促します。軟骨が増殖し骨化することで骨が伸びるため、結果的に身長が伸びることになるのです。

アルギニンは大豆類や肉類に含まれているものの、それほど含有量は多くありません。そのため食事のみでは成長期に必要な十分量を摂取することは難しいとされている成分です。

以上から、サプリメントでアルギニンを摂取してほしいタイプの子供さんは、「食事を十分取っているはずなのに、あまり身長が伸びない」「睡眠もしくは運動量が少なく、成長ホルモンの分泌量が少ない懸念がある」であり、このような方には「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」をオススメします。

また年齢に関しても、「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」は水や牛乳などに溶かして飲む粉末タイプのため、錠剤が苦手な幼児から飲みやすく、子供にとって「必須アミノ酸」であるアルギニンを手軽に摂取できるためオススメです。

カルシウムグミ

名前のとおり、カルシウム補給に重点を置いているのがこの「カルシウムグミ」。昔から子供の成長といえば「カルシウム」と連想されるため、親御さんにとっても子供にトライさせやすいサプリメントかと思います。

カルシウムグミ

カルシウムは骨や歯に99%以上も存在し、それらを強固に作っています。そのためもしも体内のカルシウム量が少なくなると、骨にあるカルシウムが外に流れ出して使用されるため、骨自体はスカスカになってしまうのです(ひどくなると「骨粗しょう症」を招く)。

以上から、カルシウムが直接「身長を伸ばす」ために働く成分ではありません。しかし身体の土台となり成長を支える「骨」を丈夫に保つためには必要な成分なのです。

しかしカルシウムは意外にも、腸からの吸収率が低く、ほとんどが便と一緒に排出されてしまいます。そのためサプリメントで補給することが薦められているのです。

以上から、サプリメントでカルシウムを摂取してほしいタイプの子供さんは、「食事量が比較的少なく、カルシウムの摂取量不足に懸念がある」「スナック菓子など、添加物が多いモノを食べる機会が多い」であり、このような方には「カルシウムグミ」をオススメします。

また年齢に関しても、「カルシウムグミ」は糖衣でコーティングされたグミのため、お菓子のように幼児から食べやすく、手軽に摂取できるためオススメです。

身長サプリは幼児から

身長サプリメントとして人気の高い2つのサプリ「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」「カルシウムグミ」――これらはどちらも幼児から摂取することができ、味も子供が食しやすいように考えられています。

ジュースを飲む子供たち

しかし主成分が異なることから、サプリ自体の目的が異なることには注意が必要です。「身長を伸ばす」ためなのか、「骨を丈夫にする」ためなのか、どちらも成長期の子供には欠かせないポイントのため、親御さんがお子さんの成長具合や生活習慣を見極めて、しっかりと選んであげてください。