Dr.Senobiru(ドクターセノビル)とMAX GPC α(マックス ジーピーシー アルファ)の成分差を徹底比較!サプリを選ぶポイントに

「身長サプリメント」に関するサイトには必ずと言ってよいほど取り上げられている商品と言えば「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」と「MAX GPC α(マックス ジーピーシー アルファ)」。

senobiruメイン

「同学年の子供たちと比較して、うちの子は身長の伸びが遅いのでは?」と不安を抱える保護者の方や、「スポーツチームでレギュラーを取りたいけど、周りよりも体格差が……」というように自信が持てないお子さん本人が実際の使用者による口コミ評価を参考に購入される事が多いようです。

そこで人気の「ドクターセノビル」「マックス ジーピーシー アルファ」の成分について比較し、各々の特徴をまとめました。

「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」の成分特徴は

DrSenobiru

「Dr.Senobiru(ドクターセノビル)」の成分のなかで、飛び抜けて配合量が多く注目したいのが「アルギニン」です。ドクターセノビルでは2袋(1日摂取量)で5,000mgのアルギニンが配合されており、また同時にアルギニンの作用を向上させる「シトルリン」も入っていることで、アルギニンがより良く働くように作られています。

アルギニンとは

ドクターセノビルの最大特徴とも言えるアルギニンとは、自然界に存在するアミノ酸の一種。大人の場合は体内で合成されるため、「食事などによる外からの摂取が必須ではない」という意味で「非必須アミノ酸」に分類されます(ただし合成量は加齢などにより減少する)。しかし子供の場合はほとんど自力で合成できないため、アルギニンは「(準)必須アミノ酸」にされているのです。

ではなぜアミノ酸のひとつであるアルギニンが、身長サプリメントに配合されていることが特長になり得るのでしょうか。それはアルギニンが身体の各器官に作用して生命活動の維持を行っており、特に成長期の子供の場合、身長を伸ばすことに深い関わりのある成長ホルモンの分泌を促す作用があるからです。

このアルギニンは大豆類や肉類などにも含まれています。しかし食材で最低推奨量(体重50kgで6,000mg~)を毎日摂取するのはかなり困難。そこでドクターセノビルは、毎日手軽にアルギニンを摂取できるように高配合しているのです。

ドクターセノビル:その他の成分

アルギニンのほかにドクターセノビルに高配合されている成分には「クエン酸」があります。クエン酸とは柑橘類などを食べた時に「酸っぱさ」を感じる成分。有名な効果としては「疲労回復」「ミネラル成分の吸収促進」「新陳代謝の促進」などが挙げられ、成長期の子供にとっても有益な成分です。

また酸性であるクエン酸が高配合されていることで、アルカリ性のアルギニンを中和し、胃腸に負担がかからないように配慮してあることも見逃せません。

ほかにはα-GPCやボーンペップ、栄養成分が豊富なスーパーフードのスピルリナが含まれています。

「MAX GPC α(マックス ジーピーシー アルファ)」の成分特徴は

MAX GPCα

「MAX GPC α(マックス ジーピーシー アルファ)」の成分特徴として目にとまるのは、やはり「α-GPC」を1日分に180mgも配合していること。
※1日の推奨摂取上限量:小学生で300mg前後

α-GPC(別名「グリセロホスホコリン」)とは母乳にも含まれている成長成分であり、成長期の子供の身体には欠かすことができません。なぜなら(アルギニンと同じく)、身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるからです。

α-GPCが含まれている食材には「大豆類」がありますが、大豆類を使った食事だけでは必要量を摂取できていない方が多いのが現状です。そのため「マックス ジーピーシー アルファ」のようにサプリメントで摂取する方が効率的と言えます。

マックス ジーピーシー アルファ:その他の成分

α-GPCのほかには、先述したアルギニンが100mg、成長の土台づくりをしてくれる特許成分プロテタイトが100mg配合されています。

さらにはカルシウムやビタミンB群など12種類の栄養成分と、50種類以上の栄養素を含むスピルリナも配合。子供の成長を総合的にサポートする成分が多く配合されています。

主成分の配合量に注目

「ドクターセノビル」と「マックス ジーピーシー アルファ」のどちらも、成長期の子供の身長を伸ばすために有効な成分が複数配合されています。

しかしポイントとしては、メインの高配合成分が「アルギニン(5,000mg)」と「α-GPC(180mg)」と異なるところ。アルギニンの推奨摂取量を考えた場合、「体重50kgで6,000mg以上」ということから、ドクターセノビルの方が有効主要成分の配合量により満足が行くモノのように推測できます。

水の入ったコップを持つ子供

ただし摂取形態として、「ドクターセノビル」は水や牛乳に混ぜて飲むグレープフルーツ味のジュースタイプ(1日2~4杯)であり、「マックス ジーピーシー アルファ」は水で飲み込むカプセルタイプ(1日6カプセル)。そのため毎日飲むことを考慮して、飲み続けやすいタイプを選択することもサプリメントを選ぶ際のポイントとして覚えておきましょう。