αGPCは身長を伸ばす以外に勉強にも向いている栄養成分!?記憶力・集中力アップに効果的な理由

成長期の子供の成長を後押しして身長を伸ばすために作られている身長サプリメント――それらのいくつかには「αGPC(アルファ・ジーピーシー)」という栄養成分が配合されています。

複数のサプリメント

なぜαGPCが身長サプリメントとして活用されているかと言えば、αGPCには成長ホルモンの分泌を促進させる効果がため。しかし意外にも、αGPCは成長ホルモン分泌促進効果だけではなく、子供の勉強力までアップさせる効果が期待されているのです。

そこでここでは、αGPCがなぜ勉強のサポートにもなるのかご説明していきます。

αGPCとは

まずはαGPCとはどのような成分なのかご説明します。

αGPCとは母乳にも含まれている、別名「グリセリルホスホコリン」という天然成分です。生涯を通じて生命活動に関わる成分であり、最近では幅広い年代の方の健康サポートとしてその働きが注目されています。

先述したように、αGPCは成長ホルモン分泌促進効果が認められています。成長ホルモンとは、主に脳にぶら下がるようについている「(脳)下垂体」という部位から分泌されるホルモンのひとつです。
※下垂体の他に、副腎や甲状腺、消化器官や神経系統など、多くの部位から分泌されています。

成長期の子供の骨には「骨端線」という軟骨が集まった箇所が、骨の両端近くにあります。この軟骨部分(骨端軟骨)が増殖・骨化(固くなって大人の骨になる現象)する事によって骨が長くなるため、必然的に身長が伸びるのです。

そこで成長ホルモンの働きが重要になります。成長ホルモンは直接的、また間接的に成長期の子供の骨端線部分に作用し、軟骨の増殖を促進――つまりは効果的に身長を伸ばすからです。

「間接的に」とは、成長ホルモンが肝臓にてIGF-1(別名「ソマトメジンC」)という物質を分泌させ、そのIGF-1が骨端軟骨に作用することで軟骨が増殖・骨化し、骨が伸びるという、肝臓を通ったルートもあるからです。

このようにαGPCは、母乳に含まれていることからも分かるように、成長期の子供にとっては身長を含む身体全体の成長に大きく関わっていることが判明しています。

αGPCとコリンの関係

しかしαGPCの重要性は、身体の成長のみにとどまりません。αGPCは「コリン」という、ビタミンBの一種「水溶性ビタミン用作用物質」の前駆体(前の段階のもの、という意味)なのです。

コリンの重要な働きには、循環器系(代謝)の正常化、細胞膜の構成・修復のほかに、脳機能を司っていることが挙げられます。より具体的には、コリンは「脳内神経伝達物質アセチルコリンの元、材料」ということが分かっています。

一般的にはあまり知られていませんが、脳には「血液脳関門」という、脳に有害な物質を弾く関所のような働きが脳の血管の壁には存在します。つまり、どのような成分でも血液に乗って脳に自由に出入り出来るわけではないのです。

しかしコリンの前駆体であるαGPCは吸収性が高く、脳関門を通過することができます。そのためコリンが担っている脳機能向上に関する役割を効率的に行うのです。

αGPCとアセチルコリンの関係

具体的には、αGPCは脳内神経伝達物質であるアセチルコリンに変化します。アセチルコリンは記憶力に関わっており、さらには集中力にも関係しています。

日常的にアセチルコリンが減少すると記憶力・集中力が低下することは確認されています。ちなみにその減少がひどい場合には「アルツハイマー型認知症」を引き起こすことも医学的に証明されており、実際にアルツハイマー型認知症の治療にアセチルコリンを増やす医療行為は行われています。

以上から、子供から大人まであらゆる年代がアセチルコリン、つまりはその元となるαGPCを摂取することは、「記憶力・集中力の向上」に効果が大きく期待出来ると世界的に注目されているのです。

子供から大人まで脳の健康のために

身長を伸ばす効果だけではなく、記憶力・集中力の向上によって勉強にも役に立つαGPC。

勉強をする子供

成長期、受験期の子供にはもちろんのこと、ご家族全員の脳と身体の健康維持のためにもαGPCをサプリメントで効率的に摂取することをおすすめします。